Mercedes Benz W123 A/Cコンデンサー ワンオフ製作

Mercedes Benz W123 A/Cコンデンサー製作です。
兵庫県の業者さまからありがとうございました。

元々は、フィンコイルと呼ばれる
Uベントパイプを使用したコンデンサーですが、コンプレッサーなどを交換し
パレレルフローコンデンサー(PFC)と呼ばれるタイプに変更する様で

細かな取り付け寸法の書かれた、指示書な物、取り付け画像も大量に送られてきまして
コンデンサーのイン、アウトに繋がるOリング式のナットも同封され
非常に作業が効率的に行えました。

今回、一からワンオフ製作
Mercedes Benz W123 A/C Condenser
モジュレータータンクと呼ばれるレシーバー、リキッドタンク同様の機能の
タンクも一体型ですスッキリと収まりますが もちろんコストも上がります。
Mercedes Benz W123 A/C Condenser

Mercedes Benz W123 A/C Condenser

完成して発送しましたら
指示書通りでしたが
ガスチャージするサービスバルブが、車両側に干渉するというお話で。。。
。。。90度、位置変更
Mercedes Benz W123 A/C Condenser
まぁワンオフあるあるです。。。

今回は、お客様、コンデンサーを含め、コンプレッサーなども
変更していますので、問題は無いはずですが
ただ単に、コンデンサーだけを交換しても
逆に冷却能力が落ち、詰まった様な高圧側の圧力が上がる、なんて症状になることもあります。

一般的には、サーペンタインタイプで製作した方が無難と思います。
理由は色々ありますが
コンデンサー、ワンオフ製作などもお気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

A/C コンデンサー 12月 11th 2019

日産 SILVIA(シルビア)US110 ラジエーター修理

日産 SILVIA(シルビア)US110 ラジエーター修理です。
3代目シルビア、S110 シルビア、ガゼールの時代の車両です。
S13の前の前です。

お預かり時
NISSAN SILVIA S110 Radiator
他の車両のインタークーラー&コンデンサー
シルビア純正のヒーターコアと同時にお預かりしまして
ラジエーターは、
3層コア、アッパー、ロワーと新品に交換
分解後、いつも通り組み上げまして

圧力掛けて、漏れの無いのを確認し
塗装して完成
NISSAN SILVIA S110 Radiator

NISSAN SILVIA S110 Radiator

ヒーターコアは、樹脂タンクのカシメ、Oリングタイプ
コア部分新品交換
NISSAN SILVIA S110 Radiator
以前にこの形状の
型式#BS110
車両のベースはシルビアの240RS
左ハンドル仕様を製作したのを思い出しました。。。
NISSAN SILVIA S110 Radiator
今回は、コアからの漏れでしたのでコア部分、Oリングを新品に交換しましたが
今後、樹脂タンクの劣化が心配です。
ちなみに新品在庫しています。

コンデンサー、RX-7 FD3Sの
DENSOの新品を購入されてまして
SILVIA US110 A/C Condenser
#44700-4021
SILVIA US110 A/C Condenser
すでにイン側の口を改造してある
コンデンサーが漏れてますので

SILVIA US110 A/C Condenser
元々のパイプを抜き
新品のハーフユニオンを取り付け
SILVIA US110 A/C Condenser
もちろん、窒素で圧力試験済み

インタークーラーは、前置きのスカイライン用?を改造されてまして
SILVIA US110 A/C Intercooler
こちらは、走行風が抜ける様に
部分的にコアをカット
IMG_0989
パイプの抜け止めも無かったので付けときまして
完成

ラジエーター&ヒーターコア
冷却水(LLC、クーラント)漏れ、詰まりなどのオーバーヒート
今回の様な、改造なども
お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NISSAN CIVILIAN BVW41(シビリアン)A/Cコンデンサー修理

NISSAN CIVILIAN(シビリアン)A/Cコンデンサー修理
千葉県の業者さまから、ありがとうございました。
型式#KK-BVW41
Eg#TD42

コンデンサー2台取り付くタイプです。 コア交換した事もある形状です。
お預かり時
コンデンサー本体、片側と
NISSAN CIVILIAN A/C Condenser
繋がるパイプ
NISSAN CIVILIAN A/C Condenser
アルミのハーフユニオン、Oリングの取り付くナット箇所が外れず
NISSAN CIVILIAN A/C Condenser
パイプが曲がってます。。。

その他の箇所も、外れたものの
NISSAN CIVILIAN A/C Condenser
メス側、Oリング側ナット
NISSAN CIVILIAN A/C Condenser
オス側、ハーフユニオン
両方共にネジ山、ズルズル。。。無理矢理、食わすと、まず悪化します。

こうなると、
諦めて、新しい物に変えた方が、早いので
切り落として交換

もちろん繋げた箇所はもちろんですが、コンデンサー本体、パイプ全体を窒素で点検し
漏れの無いのを確認し完成
NISSAN CIVILIAN A/C Condenser

アルミのネジ山、柔らかいのも原因の一つですが
振動、コンプレッサーで圧縮した冷媒を冷却するコンデンサーなので
熱も原因?

かなり気を付けていたり
注意してても発生する、アルミのネジ山のカジリ、ガジリ
特にクーラー関連でお困りの方は多いはず。そんな修理が多いせいか?

A/C、クーラーホース、パイプ、コンデンサーのアルミネジ山、カジリで
どうしようか?とお困りの業者さま、オーナー様など
比較的、修理の多い作業なので
あまりBlogにUPする事は、少ないですが
お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark