Farrari(フェラーリ)F355 オイルタンク修理&ちぢみ塗装

Farrari(フェラーリ)F355 オイルタンク修理&ちぢみ塗装です。
某業社さまからありがとうございました。

お預かり時
Farrari F355 OILTANK

パイプの潰れ
Farrari F355 OILTANK

ドレンコックの割れ。。。

Farrari F355 OILTANK

銅パッキンを交換しないで無理矢理、締めてると
アルミのナットが割れてしまう症状

Farrari F355 OILTANK

亀裂の下まで削り落として
下から順にTIG溶接で盛ってタップ斬っても直りますが
同じピッチのアルミナットが、ありましたので
根元から切り落として、純正と同じように付け直し

潰れたパイプも鈑金作業でも直りますが
同じ角度のアルミパイプに抜け止めの返り付けてTIG溶接

画像が無いですが
作業前に溶接時に邪魔になるパリパリの旧ちぢみ塗装剥離、オイル洗浄

パイプ、ナットをTIG溶接したら、漏れの確認後に乾燥
ブラストで足付け、洗浄、乾燥、耐熱マスキング後に

液体塗料のちぢみ(結晶)塗装で塗るか
パウダーコートのリンクルで塗るか迷いましたが

オイルタンクが、複雑な形状で
ちぢみの具合もパウダーのリンクルの近いので今回パウダーコートで施工
乾燥炉で180℃、約40分間、焼き付け、マスキングを剥がして

完成

Farrari F355 OILTANK
タンクの平らな箇所の膨らみは、
圧力での膨らみ防止に無垢棒が、溶接されてます。

ドレン箇所もふつうに
Farrari F355 OILTANK

Farrari F355 OILTANK

キャップに、いやらしく さりげなくFeerariロゴが
Farrari F355 OILTANK

Farrari F355 OILTANK

Farrari F355 OILTANK

フェラーリ F355 オイルタンク複雑な形状で変な所に
入り込んでるんだとは思いますが
アルミのドレンナット割れ、再塗装など
お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

GSX1100S KATANA Wheel Powdercoating

GSX1100S KATANA Wheel Powdercoatingです。
地元、愛知県豊橋市のお客様から、ありがとうございました。

カタナ(刀)昔か知ってるので全然、違和感を感じませんが、、
隼、忍者など、完全に外人をターゲットにしたネーミングですね
いきなりですが、
完成後
GSX1100S KATANA Wheel Powdercoating

お預かり時は、

GSX1100S KATANA Wheel Powdercoating

半艶黒?まぁまぁ放置されてた雰囲気で
まずは、旧塗装剥離、サンドブラスト、

GSX1100S KATANA Wheel Powdercoating
洗浄、カラ焼き、
下地のプライマー、焼き付けから、ようやく
パウダーコート、アルミの鋳物は、気泡のブツが出やすいので、色々と注意事項が、多いです。

事前にプリズマティクのサイトから
実際にパーツなどにパウダーコートされた
下記、URLギャラリーからイメージしていただいてましたが
https://www.prismaticpowders.com/gallery/

ご来店時にお客様、ご本人に
大量にあるカラーチャートから選択して頂きまして
GSX1100S KATANA Wheel Powdercoating

選んで頂いたのは、
PRISMATTC POWDEWS
PMS2569 / METALLIC
Alien Silver

GSX110S KATANA Wheel Powdercoating

比較的、ラメの強いシルバーです。

https://www.prismaticpowders.com/gallery/

実際に伺って頂ければ
カラーチャートからの選択も可能ですし
PRISNATTC(プリズマティクパウダーズ)HPからの色指定も可能です。

パウダーコート施行なども
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Lamborghini Murcielago(ムルシエラゴ)ファンカバー パウダーコート

Lamborghini Murcielago(ムルシエラゴ)ファンカバー パウダーコートです。
ラジエーターの修理時に同時にお預かりしまして
Murcielago Fancover

ラジエーターは、ラジエーターで当然、修理(コア交換)致しますが
漏れたラジエーターで錆びて塗装が、剥がれて汚らしくなった
ファンカバーも同時に綺麗に塗装します。

工場のラインなどの流れ作業での
工業製品に多く使用される、耐久性のあるパウダーコーティング
もちろん旧塗装剥離から始まり、純正よりも丁寧に

サンドブラストで足付けを行い、パウダーコート
Murcielago Fancover

修理済みのラジエーターは、ガンコート フラットブラック
Murcielago Fancover
左右が、別々に入って来たので、最初の画像と異なりますが

純正同様の艶消し黒(ハーフマットブラック)
Murcielago Fancover

ラジエーターを修理しても
同時に取り付くファンカバーが、錆びてたり、汚れているよりは、
一緒に綺麗な方が、気持ちがよいです。

本日も、カローラKE20 ラジエーター
ファンシュラウド(ファンカバー)付きで送られてきまして
通常、別料金ですが、似た様なパウダーコートの作業が、
続いてる時は、勢いでサービスなんて事も。。。たまには(笑)

ラジエーターに付属するファンカバー、シュラウドなど
鉄製の金属のタイプであれば、パウダーコート可能ですので

サイズ、錆の程度などにより金額が、異なりますが
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark