HONDA S800 ラジエーターGUN-KOTE(ガンコート)

滋賀県からホンダ、S800 ラジエターが送られてきました。
ありがとうございました。
S800 RADIATOR
最近どこかの修理業者でコア交換されたようですが、あちこちハンダが大盛で。。。
修正&KG GUN-KOTE(ガンコート)半艶黒 2401 SATIN BLACK
まず、両サイド鉄製ブラケットを外し

S800 RADIATOR
表ともに
S800 RADIATOR
サンドブラストで錆を落とします。
ラジエーター本体も旧塗装 剥離、サンドブラストしました
が 写真は、撮り忘れました。。。
接着面をマスキングしコアの側板
鉄ブラケットを表裏 先にGUN-KOTE(ガンコート)

組み上げて余計な半田落として 圧力試験すると漏れます。。。
イン、アウトホース口、ネックなどスポット溶接&ハンダ付けの為
前の仕事でスポット溶接外さずにハンダ付けしたようです。。。なので半田大盛
半田の接着面は、綺麗にハンダメッキしないとハンダ付けできませんし。。。そこから漏れます。

なんとか漏れを直して
ようやくラジエーター本体を GUN-KOTE(ガンコート)して
完成
S800 RADIATOR
普通の修理の時は、エアーレスのガンで塗装しますが、
GUN-KOTEは、カップ式のスプレーガンで塗装し焼き付けますので仕上がりは、綺麗です。
個人的には、半艶の雰囲気が好きです。

ラジエーターGUN-KOTE(ガンコート)、セラコート希望ってお客様
コア交換時に施工させていただくと金額的にもリーズナブルに、
作業効率的(特にフィンの旧塗装剥離)にも非常に助かります。
もちろん他の箇所も丁寧に作業できますのでよろしくお願いします。

パーツ、ラジエーター、コンデンサー、KG GUN-KOTE(ケージーガンコート)
NIC Cerakote(セラコート)なども
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

1937フォード(FORD) ラジエーター新規製作

1937フォード(FORD)ラジエーターご発送ありがとうございました。HOTROD仕様
37FORD RADIATOR
エンジンは、シェベル(Chevelle)Chevrolet250 直6
ラジエーターは、60年代のMUSTANG(マスタング)らしいです。
変わった仕事大好きです。
ファンで掻いたらしく
37FORD RADIATOR
修理は、してますが、アメリカ人の仕事仕業と思われます。
分解したところ、イン、アウトホース、キャップフィラーネックなど
日本では、ありえない施工方法。。。
37FORD RADIATOR
これ見て コア交換のみの依頼でしたが、アッパータンク、ロアタンクその他 製作しました。。。
37FORD RADIATOR
折り曲げた角は、真鍮溶接で
37FORD RADIATOR
真鍮溶接、TIGと要領は、同じです。アルミ同様に溶け落ちます
TIGより全体に熱が加わるんでベコベコになりやすいですが。。。
慣れれば、
37FORD RADIATOR
歪みません
銀ロウ付けとハンダで組み上げて圧力試験して
37FORD RADIATOR
鉄製の囲みのブラケット取り付け
37FORD RADIATOR
塗装して
37FORD RADIATOR
完成して発送

今回、取り付け後、画像を送っていただきました。

詳細 http://unfocusnews.blogspot.com/2011/02/2_27.html

37FORD RADIATOR

37FORD RADIATOR
全体画像
37FORD RADIATOR
いや、まじめにカッコイイです。 今回は、ありがとうございました。

「三多摩集会」Blog
http://unfocusnews.blogspot.com/

’30、40、~60、70年代~高年式までHOTROD、LOWRIDER、国産旧車、FERRARIなどなどジャンル問わず
ラジエーター冷却水(LLC、クーラント)漏れでお困りの業者さま、
オーナー様など、お気軽にご相談、お問い合わせください。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 2月 25th 2011

スカイライン ケンメリ GC110 ラジエーター銅3層改造

スカイライン(SKYLINE) ケンメリ GC110 ラジエーターです。
以前にもBlogで書いた事ありますが、
SKYLINE GC110
今回、埼玉の修理業者さまから、いつもありがとうございます。
前期型GC110、ラジエター純正2層(列)TP(チューブピッチ)=14mm

銅3層(列)改造 コア厚49mm TP=12mmに変更です。
アッパータンク、ロアタンク、3層コアを新品に交換した為
ほぼ新品になりました。
3層コア TP=チューブピッチは、この間隔です。
SKYLINE GC110 RADIATOR
昔は、10mm、9mmと厚くても細かくしてましたが、抜けも考え
ここ数年は、チューブピッチやフィンピッチ、無駄に細かくはしてません
SKYLINE GC110 RADIATOR
純正とのコアの厚みの違いは、こんな感じです。
純正の側板 剥がした後ですが。。。

SKYLINE GC110 RADIATOR
いきなりですが 完成
古い日産車 ラジエーターコア交換していただいたお客様には、
貴重な?ラベルを同封しています。
当時の日産純正ラジエーター製造メーカー
現カルソニックカンセイ社の当時物
日本ラヂエーター(NIHON RADIATOR) ラベル
NIHON RADIATOR

NIHON RADIATOR

NIHON RADIATOR
大量にありますので
日産旧車ラジエーター冷却水(LLC)漏れやオーバーヒートなどで
お困りの業者さま、オーナー様など、お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 2月 25th 2011