NISSAN MARCH WHEEL PowderCoating MATBLACK

NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
(日産 AK12マーチ 純正ホイール パウダーコーティング)です。
ネットでお問い合わせ頂きましたが、地元、豊橋のお客様でして世代は微妙には、
違いますが同じ中学出身のお客様 やんちゃな後輩達なども知ってまして
ありがとうございました。
フラットブラック(艶消し黒、マットブラック)施行後
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
お預かり時は、もちろん純正カラーリング
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
もちろん4本
NISSAN MARCH WHEEL PowderCoating
まずは、旧塗装剥離 一部ガリ傷がありましたので手直し
IMG_5276
サンドブラスト 表から裏の隅々まで
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
文章だと簡単ですが、ここまでの作業が、結構大変です。そんな仕事は多いかと
裏側一部を耐熱マスキング、腐食防止のプライマー後 焼き付け20分
パウダーコーティングは、180℃で約1時間 対象物によって時間を変更します。
温度上がるまでが、意外に時間掛かります。
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
裏側もきっちり塗りまして
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
ENKEI WHEEL
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating
15インチ×6JJ

純正ホイールのブラックアウト仕様でかなり雰囲気変わると思います。
ホイールのパウダーコート 通常 納期は約1週間
夏場は、ラジエーター、熱交換器全般 修理が忙しいので秋頃になったら
お気軽にお問い合わせ下さい。

装着後の画像を送っていただきまして ありがとうございました。
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating MATBLACK
ブラックアウトされて意味無く職質されそうな雰囲気で素敵です。
個人的には、ベタベタのローダウン、フルスモーク希望です。が自己責任でお願いします。
NISSAN  MARCH  WHEEL PowderCoating MATBLACK
この度は、ありがとうございました。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

HONDA CIVIC TYPE-R オールアルミラジエーター加工

HONDA  CIVIC TYPE-R オールアルミラジエーター加工です。
同じ愛知県から発送していただきました。 ありがとうございました。
HONDA  CIVIC TYPE-R
どこ製なのか何処で購入されたかメーカーなど全く詳細 分かりませんが、
シビック タイプR とホース径が、違いまして

イン、アウトパイプ Φ28からΦ32に変更します。
HONDA  CIVIC TYPE-R RADIATOR

HONDA  CIVIC TYPE-R RADIATOR

とりあえず切断後、Φ32のアルミパイプに返りのUビードつけまして
HONDA  CIVIC TYPE-R RADIATOR

HONDA  CIVIC TYPE-R RADIATOR

TIG溶接で取り付けます。

圧力試験後、漏れが無いのを確認し

HONDA  CIVIC TYPE-R RADIATOR

IMG_5294

梱包し発送致しました。

CIVIC TYPE-R  RADIATOR

今回の作業納期、到着日 当日発送です。
ホース径変更の様なライトな加工から
ラジエーターの高さ、幅、変更などの大袈裟なオールアルミラジエーター加工、改造等も承っていますので
購入したけど取り付かない A/Tオイルクーラー内蔵などで
お困りの業者さま、オーナー様など
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

その他 7月 30th 2013

1953 CHEVROLET RADIATOR 加工、冷却水漏れ修理

1953 CHEVROLET(53シェビー) RADIATOR 加工、冷却水漏れ修理です。
埼玉県のFIT-KUSTOMS さんから いつもありがとうございます。
http://fitkustoms.blog5.fc2.com
今回は、インレット、アウトレットホース径 変更とロワタンクにオイルクーラー内蔵します。
1953 CHEVROLET RADIATOR
到着時 いきなり漏れ痕を発見しまして。。。
1953 CHEVROLET RADIATOR
まずは、囲みのブラケットを外し
コア部分を交換しないままロワタンクを外します。
アメリカでリビルトしてあるようで
1953 CHEVROLET RADIATOR
幅の狭いロアタンクに合わせチューブ(水路)両端を削るというアメリカ人的荒技施行がしてありますが
建機のキャタピラーに使用されるような分厚い材料の真鍮プレートを使ってあり
頑丈ですが、半田の溶ける熱が伝わり辛く 根付け漏れ必死。。。
ロワタンクには、A/T用の丸管オイルクーラーを内蔵
ラジエーター同様に表面積を上げる構造です。
1953 CHEVROLET RADIATOR
タンク幅が広ければ、ステンの多板式オイルクーラーをインスコしたいのですが、
能力も上がりますが、もちろんコストもUPします。
1953 CHEVROLET RADIATOR

インレットホースΦ38 アウトレットホースΦ44に変更後

ロワタンク&コアを繋げます。この儀式はマリッジとはいいません
圧力試験しましたら アチコチ チューブの根付けから漏れだしまして、新品ではこの症状はでません

アッチを止めるとその隣を繰り返し作業し なんとか完成
1953 CHEVROLET RADIATOR

1953 CHEVROLET RADIATOR

1953 CHEVROLET RADIATOR
梱包し発送致しました。 気になるところもありますが
精一杯作業致しますので
今後もとお手柔らかにお願いします。

本日夕方、M田りゅくんから これ使えといわんばかりに
装着後画像が送られてきまして Blog先倒しです。
1953 CHEVROLET RADIATOR

1953 CHEVROLET RADIATOR

FITの皆さん週末は、短い時間でしたが、ありがとうございました。
もっと色々な話がしたかったです。

アメ車のレストア、カスタムなど困った事がありましたら

FIT-KUSTOMS さんに お問い合わせ下さい

最強のメンバーが、無理難題をハイクオリティな仕上がりで対応してくれます。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 7月 29th 2013