Ford 4600(フォード)トラクター ラジエーター修理

Ford 4600(フォード)トラクター ラジエーター修理です。
地元、愛知県の業者さまから、いつもありがとうございます。
お預かり時
Ford 4600 Toractor Radiator
Ford 純正ロゴ入り

HEBCO
Ford 4600 Toractor Radiator
RADCO 56
Ford 4600 Toractor Radiator
いつも通り分解しましたら
超、詰まってます。。。
汚い画像で申し訳ありませんが、現実です。。。
Ford 4600 Toractor Radiator

Ford 4600 Toractor Radiator
エンジン内、ウォータージャケットなどの他の水回りが、心配です。
この何処から出て来たのか分からない、泥の様なウ◯◯のような汚れた物体
時間を掛けて蓄積されている為に、超高濃度です。。。
普通に洗った位では、なかなか綺麗にならない代物です。。。

最近では珍しいですが
昔の輸入車、
トラック、建機、重機、フォークリフトなどのラジエーターでよくお目に掛かりました。

この物体の話し続けても意味がありませんが、
オーバーヒートなどの原因になる
こうなる前のメンテは、必要だと思います。

コア部分、新品交換、圧力掛けて漏れが無いのを確認し
塗装しまして完成

Ford 4600 Toractor Radiator

Ford 4600 Toractor Radiator

水漏れなどが、無くても今回の様にラジエーターコア内部の
水路(チューブ)が、詰まる事によって発生するオーバーヒートなども
多々あります。
エンジンに重大なダメージを与えてしまう前の
定期的なメンテナンスなどもお勧めしています。
冷却水(LLC、クーラント)漏れ、オーバーヒートなどしないと
なかなか、脱着する代物では、ありませんが
車両を長く維持するには、必要だとも思いますので、
ラジエーターの定期的な点検などもお気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 2月 28th 2017

Birkin Super Seven(バーキン スーパーセブン)アルミラジエーター修理

Birkin Super Seven(バーキン スーパーセブン)オールアルミラジエーター修理です。
山梨県からありがとうございました。
お預かり時
社外品なのか?純正なのか?、年式なのか?
ほんと色んな形状のラジエーター、メーカーがあります。。。
スーパーセブン ラジエーター
Birkin Super Seven Radiator
エンジン側
Birkin Super Seven Radiator
フロント側

今までもこの形状の何度か見てますが、取り付けのブラケットが割れる物が多いです
今回は、コア部分
オールアルミラジエーターに多い、コア根付け箇所からの冷却水漏れ
直る事もありますが、コア交換または、新品購入のが価格的には安いかも?です

お客様の判断でコア交換になりまして
分解、
Birkin7 Radiator
両サイドタンク。上下のブラケットは、再利用しφ16のパイプは切り落として付け替え
新品のコアは、
Birkin Super Seven Radiator
ワイド2層(列)コア厚53mm 元々のコアより厚く
コア増も兼ねてます。
タンク、コア部分は、TIG溶接
組み上げまして圧力掛けて漏れが無いのを確認し
完成
Birkin Super Seven Radiator
梱包し発送致しました。

いろいろなメーカー、年式の違いなどで
ラジエーター形状に種類がありますが
スーパーセブン ラジエーター
冷却水(LLC、クーラント)漏れ
オーバーヒートなどのトラブル等でお困りの
業者さま、オーナー様など
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 2月 24th 2017

MINI COOPER(ミニクーパー)ピストンヘッド セラコート

MINI COOPER(ミニクーパー)ピストンヘッド セラコートです。
地元、愛知県のミニ専門業者さまから、いつもありがとうございます。

施行後
ピストンヘッド専用セラコート、ピストンコート(PistonCoat)
厳密には、
V-136 (焼き付け)
C-186 (常温乾燥)と2種類のあります。
MINICOOPER PISTONHEAD CERAKOTE
ピストンのサイド、スカート部分には、
マイクロスリック(Micro Slick Dry Film Coating)
こちらも厳密には、2種類
C-110Q(常温乾燥)
P-109(約150℃で1時間以上の焼き付け)

同時にロッカーアームのシャフトもマイクロスリック
施行後
CERAKOTE
セラコート前には、足付けの為にすべてブラスト
CERAKOTE
お預かり時は、
CERAKOTE
こんな感じ

現在、セラコート後の常温乾燥待ちです。
Cシリーズで5日間の乾燥時間が、必要です。

焼き付けのタイプの方が、早く納品が可能で、他の仕事に進めますので
焼き付け方が、自分には向いてます

セラコートをご希望のパーツなど
HP、Blogのどちらもお問い合わせフォームに画像を添付出来るように
なっていますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark