Ferrari 599 ラジエーター 修理、コア増し

Ferrari 599 (フェラーリ F599)ラジエーター コア交換です。
東京の業者様、いつもありがとうございます。
お預かり時、
Ferrari 599 Radiator
いつもの漏れ個所
取り付け個所、周辺から冷却水が漏れてまして、接着剤で漏れを直した痕が、。。。いつに無く激しいです。
Ferrari 599 Radiator

Ferrari 599 Radiator

Ferrari 599 Radiator

Ferrari 599 Radiator
両サイドタンク、取り付け位置、前後ろ、左右とべったりと塗られてます。。。
ラジエーター修理業者の仕事では無いと思いますが、
漏れている、急所をピンポイントで確認出来なかったのでしょうか?
両サイドに流れるチューブ(水路)根付けの漏れですので溶接、または
コア部分を新品に交換しないと漏れは、止まりません、

一時的に接着剤で止まる場合もあると思いますが、
応急的と思います。。。ので接着剤を使用する漏れ修理は、弊社では行っていません

いつも通り両サイドタンクを切り落とし、TIG溶接されている溶接ビードを落とします。
日本の規格のコア厚ではありませんので純正F599ラジエーターよりも厚めのコアで自動的にコア増し
修理のついでの冷却性能も上がります。
TIG溶接で組み上げて、圧力掛けて漏れが無いのを確認
インレットパイプ内側は、非常に狭く熟練した職人、それなりの道具でないと溶接不可能と思います。
F599 Radiator
もちろん電動ファン、コンデンサーなどの取り付けナット、
その他取り付けピッチもデータとして残していますので、ボルトオン
純正同様に、ブラックで塗装して完成
F599 Radiator

F599 Radiator
梱包し発送致しました。

フェラーリ599 ラジエーター冷却水漏れ修理
2016、2月現在、
現品お預かりでの修理対応となりますが
新品コアを在庫していますのでお預かり2日〜4日程度で発送予定です。作業状況により多少前後する場合もあります。
550などの様に純正ラジエーターが、入手出来れば
リビルト品での交換対応も可能です。

冷却水(LLC、クーラント)漏れ、オーバーヒートなどのトラブル
部品入手にお困りの業者さま、オーナー様など
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Instagram  SankyoRadiator

お問い合わせの際は、「お問い合わせ」フォームまたは、お電話でお願いします。
お問い合せURL:  http://www.sankyo-rad.com/?page_id=7232

三協ラジエーター株式会社
〒440-0081
愛知県豊橋市大村町橋元102
TEL 0532-53-4301
FAX 0532-52-1378
URL http://www.sankyo-radiator.co.jp
WEB SHOP http://www.sankyorad-shop.com
FaceBook https://www.facebook.com/sankyorad
Instagram https://www.instagram.com/sankyo_radiator/
Twitter https://www.twitter.com/Sankyo_radiator

修理 2月 19th 2016