某空港 除雪車 ラジエーター&オイルクーラー修理

某空港 除雪車 ラジエーター&オイルクーラー修理です。
某上場企業さま、東北からありがとうございました。

大型のアメリカ製の除雪車のようでして
この辺りでは、凍結防止剤は、塩化カルシウムが一般的ですが

-20℃の世界では、塩では雪が解けず
ギ酸と呼ばれる、酢を撒くそうで

お塩も薄い放熱フィンをボロボロにしますが
お酢も金属に浸透して漏れを発生させるようです。

大雪も困りますが、お塩もお酢も機械的には、よろしく無いようで。。。
お預かり時のラジエーター側
除雪車ラジエーター
オイルクーラーは、フィンなど綺麗ですが
オイルの流れるチューブに穴が空いていまして

また、アメリカ製なのでネジピッチも特殊で
検査治具から製作し点検
除雪車 オイルクーラー
水槽に沈め、点検
除雪車オイルクーラー

ラジエーター、オイルクーラー共に
コア部分を新品に交換します。

以前にもラジエーター側は、コア交換されてまして
ただただ同じことをしてもまた、ギ酸にやられて、すぐ漏れ出しそうなので
詳しくは書けませんが、使用する材料を変更しまして、対策
プラス、セラコート施工

組み上げる前に、コア、タンク、ブラケット、ボルト、ナットワッシャー
全てにセラコートC-7600 GlacirB lack(グレーシャーブラック)
除雪車ラジエーター
ボルトナット、ワッシャーなど、数が多くて大変でした。。。

この状態から
セラコート からの数日、乾燥待ちで放置。。。
除雪車ラジエーター

ですが、画像、撮り忘れのまま組み付け。。。
ガスケット付けてのボルト締め

除雪車ラジエーター

組み付けて
圧力掛けて、水槽で水没試験

除雪車ラジエーター

オイルクーラー側は、100mm厚のアルミコア
除雪車ラジエーター

こちらは、TIG溶接、点検後に
除雪車オイルクーラー
セラコート施工

お預かりしたのは、12月でしたが
決定まで時間が掛かったり、年末年始のバタバタで
画像もアチコチでバラバラで探し出せなかったり
撮り忘れだったりで。。。ニントモカントモですが

環境破壊的な?感じで、
塩より酢のが地球に優しいようで
ギ酸の使用率が増えてくる、なんてお話も聞いています。

ラジエーター、オイルクーラーetc. 各種熱交換器には優しく無い
ギ酸での冷却水(LLC、クーラント)、オイル漏れなどで
お困りの業者さま、お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Instagram  SankyoRadiator

お問い合わせの際は、「お問い合わせ」フォームまたは、お電話でお願いします。
お問い合せURL:  http://www.sankyo-rad.com/?page_id=7232

三協ラジエーター株式会社
〒440-0081
愛知県豊橋市大村町橋元102
TEL 0532-53-4301
FAX 0532-52-1378
URL http://www.sankyo-radiator.co.jp
WEB SHOP http://www.sankyorad-shop.com
FaceBook https://www.facebook.com/sankyorad
Instagram https://www.instagram.com/sankyo_radiator/
Twitter https://www.twitter.com/Sankyo_radiator