NISSAN 240RS ヒーターコア製作

NISSAN 240RS ヒーターコア製作です。
型式#BS110
車両のベースはシルビアの240RS の左ハンドル仕様です。

初め、税金の都合の 180SXと北米仕様の240SXかと思いましたが

240(トゥーフォーティ)RS
輸入車と違いキメの細かな左右対象の造りでして
輸入車なら、左ハンドルをそのまま右にして右ハンドルでもウインカー左、状態を
あえての輸出仕様のための部品生産、さすが日本人です。
240RSは、右ハンドルの方が少ないようですが、どちらもかなり少ない台数のようです。。。
そんな希少な車両のヒーターコア
バルブ、ホースの向きが、ハンドルの仕様で左右対象です。

お客様からの画像ですが
NISSAN 240RS Heatercore

左が今回の左ハンドルの車両
右が、右ハンドル用、何かと兼用でしょうか?

NISSAN 240RS Heatercore
お客様にバルブ再利用と新規製作と
提案させていただきましたら

全部、新品でという事になりまして
パオ、フィガロ、マーチなどの時と同様に、バルブを真鍮で
NISSAN 240RS Heatercore

タンクも真鍮で樹脂タンクのように割れないように製作し発送しましたら
NISSAN 240RS Heatercore
まさかのヒーターコアの収まるケース、ユニットに収まらないという事態が発生。。。
ユニットごと預からないと稀にあります。。。のでお手数ですが
この手の改造は、ユニットごとお願いするようにします。

当時の日産車のヒーターコアに多い
樹脂タンクのカシメタイプ、銅コアの角の部分が樹脂のケースに干渉。。。

NISSAN 240RS Heatercore
樹脂のケースの角をベルトサンダーなどで少し削れば入るレベルですが
NISSAN 240RS Heatercore

希少な車両ですので
タンク全長を変更し製作し直し。。。の刑
NISSAN 240RS Heatercore
コアの高さ、バルブの位置関係は変わりませんが
タンクを少し小さくしまして
ご迷惑、ご不便お掛けしました。

今回の様な希少な車両は珍しいですが
純正部品が入らないなどでお困りの業者さま、オーナー様など
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ヒーターコア 7月 31st 2019

CHEVROLET FLEETLINE (フリートライン)ヒーターコア製作

CHEVROLET FLEETLINE (y1949シボレー フリートライン)ヒーターコア製作
静岡県の業者さまから、ありがとうございました。

お預かり時の画像を撮り忘れましたが
運良く?
以前に中古で購入した丸型のヒーターコアと同形状でして

あまり程度良く無いですが、漏れも無いですし
コレ購入して頂いて、終了と思いましたら
GM Round Heatercore

製作してくれというお話になりまして、中古品未だに残ってます。。。
前回、製作したタイプよりもRが大きく
多少、全体のサイズも大きです。

以前の反省を生かし、焼き付け時に固定する治具も簡易的ですが作りまして
GM CHEVROLET FLEETLINE Heatercore
フィン、チューブを半田で融着させるんですが
まだまだ改善の余地あり

タンクで繋げて、イン、アウトパイプ
錆びを落としたブラケットを取り付け、完成
GM CHEVROLET FLEETLINE Heatercore
もちろん HARRISON製
GM CHEVROLET FLEETLINE Heatercore

GM系、丸型(ラウンド)ヒーターコア
自分の中では、まだまだですが
製作可能な業者は、少ないはずと思いますので

メーカーとはいえ半世紀以上前に製作された丸型ヒーターコア
構造的に微妙な箇所もありますが、すごい技術です。

GM系丸型ヒーターコア、修理、製作など 三菱ジープなどの丸型とは構造が異なりますが
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ヒーターコア 7月 23rd 2019

NISSAN CEDRIC(セドリック)430 ラジエーター修理、その他

NISSAN CEDRIC(セドリック、グロリア)430 ラジエーター修理です。
地元、愛知県の業者さまから、いつもありがとうございます。
アメ車がメインと思ってましたが、国産旧車も触るんですね。。。

ご覧の通り
おもいっきり事故してまして。。。
NISSAN CEDRIC 430 Radiator
片側の枠、取り付けのブラケットの紛失
現車は、A/Tですが
M/T用のラジエーターをお持ち込み頂きましたが

微妙にタンク全長が違うタイプでして
NISSAN CEDRIC 430 Radiator
コアの横幅を、ブラケットで調整してますので
中古の物は、そのままで
事故って潰れたラジエーターのブラケット、内蔵オイルクーラーは、再利用
片側のブラケットを持って来て頂きまして
アッパー、ロアタンク、コアは、新品に交換

冷却水の流れる箇所は、新品仕様
組み上げて、圧力掛けて漏れが無いのを確認し
塗装して完成
NISSAN CEDRIC 430 Radiator

NISSAN CEDRIC 430 Radiator
コンデンサーに繋がる潰れたパイプも修理しまして

NISSAN CEDRIC 430 A/C Pipe
一度、切り離し鈑金しロウ付け
NISSAN CEDRIC 430 A/C Pipe
430セドリック、グロリアなんだか人気ありまして
このラジエーター修理が入っている間にも

形状違いのレシーバータンク
オーバーホールと修理
NISSAN CEDRIC 430 A/C ReceiverTank
漏れてる圧力スイッチも新品に交換
NISSAN NISSAN A/C Pressure Switch
古い日産車に比較的、共通してますので
それなりに在庫しています。
NISSAN A/C Pressure Switch

それにエバポレーター、ヒーターコアも
一緒になったユニット、エバポレーター、コア交換、エキパン新品
ヒーターコアは、今回は点検
430 Evaporeter&Heatercore
さすがに年に数台、何年間もしてますので分解、組み立て慣れてきてますが
ふつうに分解するだけでも
まぁまぁ面倒な作りのユニットでして
中のスポンジも全て剥がして綺麗に貼り直したり
オイル、蛍光剤などのベトベトを洗浄したりの方が難儀じゃ無いでしょうか

ヒーターコアの中間の配管も微妙な作りですし。。。
当時の新車で組み立てていた人たちは、大変だったと思います。

当時は、あんなに走ってたのに
セド、グロ430、今では車両、部品などの価格も高いようです。。。

ラジエーター、ヒーターコアなどの水回り
コンデンサー、エバポレーター、レシーバータンク、ホースなどの
クーラー、A/C関連
まだまだなんとかなりますので
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark