Ferrari(フェラーリ) 348 A/C ホース 修理

Ferrari(フェラーリ) 348 A/C ホース 修理です。
宮崎県からありがとうございました。

いきなりですが、完成後
Ferrari 348 A/C hose

お預かり時は
Ferrari 348 A/C hose

カシメを開き、コンプレッサーに繋がる特殊な口金は、再利用しますが
アルミ、鉄の2種類の異なった材質です。

アルミの方は、大抵、加締め時に潰れてますので
新品ホース内径に合わせた差さり口(タケノコ)に切り繋ぎます。

鉄の口金などは、タケノコ接続時にメッキが剥がれたり
元々、錆びたりしてますので
ブラストで綺麗にし、塗装
長さを合わせてホースも用意しまして
一通り、部材を揃えます。
Ferrari 348 A/C hose

クーラー(A/C)ホースの中は、テフロン加工されてますので
柔らかいですが、強度、耐久性があります。
Ferrari 348 A/C hose
クーラーガス以外にもオイル、ガソリンとかも通せます。

Ferrari 348 A/C hose

角度を合わせて
専用の加締め機でカシメます。

Ferrari 348 A/C hose

規定のトルクで締めこみまして
念の為、窒素で圧力掛けて漏れが無いのを確認し
完成

梱包し発送いたしました。

旧車、輸入車などのクーラー、A/Cホース
経年劣化、ホース硬化でのガス漏れ
部品が入手出来ずにお困りの業者さま、オーナーさまなど
お気軽にお問い合わせください。

 

 


Instagram  SankyoRadiator

お問い合わせの際は、「お問い合わせ」フォームまたは、お電話でお願いします。
お問い合せURL:  https://www.sankyo-rad.com/?page_id=7232

三協ラジエーター株式会社
〒440-0081
愛知県豊橋市大村町橋元102
TEL 0532-53-4301
FAX 0532-52-1378
URL http://www.sankyo-radiator.co.jp
WEB SHOP http://www.sankyorad-shop.com
FaceBook https://www.facebook.com/sankyorad
Instagram https://www.instagram.com/sankyo_radiator/
Twitter https://www.twitter.com/Sankyo_radiator

A/C ホース、パイプ 2月 27th 2019