JEEP CHEROKEE XJ(チェロキー)A/Cホース修理

JEEP CHEROKEE XJ(チェロキー)A/Cホース修理です。
遠くからありがとうございました。

7MX チェロキー、今ではあまり見なくなりましたが
ホンダが販売したおかげ?でかなりの台数が国内に入ってるはずですし
当時は、よく目にしましたし、ラジエーターの修理もホンダディーラーから多く入りました。。。
その7MX チェロキーのA/Cホース修理

お預かり時
JEEP CHEROKEE XJ A/C HOSE
ホースが外れない状態で
コンデンサーも同時に到着しまして
アルミのナットが完全に固着。。。

エアコン関連のアルミハーフユニオンと鉄ナットが比較的、多い気がします。。。
こうなるとCRCやラスペネなどの浸透潤滑剤つけようが全く外れませんので

酸素で炙りながら、強制的に外しまして
JEEP CHEROKEE XJ A/C HOSE
アルミのネジ山 ズル剥け、丸坊主。。。永遠に語り継がれるであろう伝説の矢作2DAYSプラス2回の4タコ
JEEP CHEROKEE XJ A/C HOSE
相方の鉄のナット側の内側にもアルミのネジ山が残っていますので
完全に除去します。
完全に取り切らないとまた、ネジ山がガジて同じ事になります。

当たり前なんですが、ネジがクルクル、スルスルと入る状態にして
いつも通り、ホース、カシメ交換
カシメの内側、ホースに差さる箇所、タケノコ部分が潰れていたり
サイズが違う場合は、繋ぎ替えます。

鉄管だったので錆を落としてカシメ、塗装して
窒素で圧力掛けて漏れの無いのを確認して
完成
JEEP CHEROKEE XJ A/C HOSE

後日、入手可能と思われたコンデンサーも形状が違い
コア交換になりましたが
A/Cホース、クーラーガス漏れ、右ハンドル仕様で部品が入手出来ないなどで
お困りの業者さま、オーナー様など
お気軽にお問い合わせください。


LANCIA  THESIS(ランチア テージス)A/Cホース修理

LANCIA  THESIS(ランチア テージス)A/Cホース修理です。
大阪の業者さまから、いつもありがとうございます。

お預かり時
LANCIA THESIS A/C HOSE

コンプレッサーに一体で繋がるタイプ
LANCIA THESIS A/C HOSE

低圧側にもう一本
一式で3本のホース、計6箇所のカシメ、
角度など、少しのズレが、先の方では大きなズレになりますので
作業的には、3本のホースをホース交換の方が楽です。。。

一体なので加締機にも通し辛いです。。。それでも価格は、3本分

真っ黒に汚れた
耐熱のプロテクションチューブも新品に交換しまして
全て窒素で圧力試験済み
LANCIA THESIS A/C HOSE

ランチア テージスしか詳細が分かりませんが
A/C、クーラー、経年劣化でのガス漏れ
部品入手が出来ないなど
お困りの業者さまなど
お気軽にお問い合わせください。


AUSTIN 7(オースチン セブン)ラジエーター修理

AUSTIN 7(オースチン セブン)ラジエーター修理です。
お隣の県からありがとうございました。
1936年の今回のオースチン セブン
1922年〜39年まで販売された車で別名?愛称チャミィ
生産年数が長いので
色々と改良されたり
ボディスタイルも
ツアラー、サルーン、カブリオレ、スポーツ、クーペ、バンと色々
この中でも仕様も様々みたいです。

そのオースチンセブンのラジエーター、どのタイプかは不明です
お預かり時
Austin Seven Radiator

当時のラジエーター(熱交換器)
加圧もされず、ウォーターポンプも無い、自然循環式
コアの造りも現行のようなフィーン&チューブの
コルゲートコアでは無く
Austin Seven Radiator
チューブ(水路)=フィンのような造り
表面積を増やし熱交換(冷却)する原理は今も変わりません
分解したコア内部は、
Austin Seven Radiator
この流れるか流れないのか?みたいな隙間を通って
冷却されます。

今回のような歴史的にも価値のある車両
ラジエーターそのものがグリルとなっていますので
普通にコア交換で良いのか?お客様に確認しましたら
メッシュグリルにするから、冷却する普通のコアでいいよってお話で
一般的なコルゲートコアでコア交換

グリルも新調しようと思ったら
ラジエーターのサイズが合わず、コア高で調整
新品のグリルもお預かりしまして
Austin Seven Radiator
加圧しないラジエーターキャップ状の蓋、注水口ですが
お預かりした物が、ピッチが違いネジが合いませんでして。。。

Austin Seven Radiator
ローレット加工して純正っぽく製作

最近、妙に多い
オーバーフローパイプも新たに引き直しまして

加圧しないですが、圧力掛けて漏れの無いのを確認し
塗装して完成
Austin Seven Radiator

Austin Seven Radiator

Austin Seven Radiator

一緒にお預かりしたグリルに収めて梱包し
発送致しました

なかなかある車両では無いですが
製造、販売されて100年が経ちそうなオースチンセブン
ラジエーター冷却水(LLC、クーラント)漏れ
オーバーヒートなどのトラブル等でお困りの業者さまなど
お気軽にお問い合わせください。


修理 6月 2nd 2021