MITSUBISHI GALANT(ギャラン)E-E39A A/Cホース修理

MITSUBISHI GALANT(ギャラン)E-E39A A/Cホース修理です。
奈良県からありがとうございました。

お預かり時の画像を撮り忘れまして
お客様のお問い合わせ時の画像から
MITSUBISHI GALANT E-E39A A/C HOSE

断熱のスポンジ、固定のゴムは、再利用ですが
スポンジが、収縮チューブのように圧着されてますので
お客様で切り開いて再利用していただく方向になりまして

カシメる前に固定のゴムを入れてカシメます。

カシメを分解しホースに挿さるタケノコ箇所も
新品のホース内径に合うものに切り繋ぎまして
新品アルミソケット(カシメ金具)で加締めます。

チャージ(サービス)バルブ内のムシ(バルブ)も新品に交換しまして
Oリングも交換しましたが
MITSUBISHI GALANT E-E39A A/C HOSE
元々、取り付いていなかったので
本当にこのサイズなのか径は同じですが、厚みがわかりませんでして
違ってたら、捨ててもらって構いません

もちろん窒素で圧力掛けて
漏れの無いのを確認し
完成
MITSUBISHI GALANT E-E39A A/C HOSE
梱包し発送いたしました。

旧車と呼ばれるような車両のA/C(クーラー)ホース修理なども

お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

北越工業 ミニバックホー AX15-2 ラジエーター修理

北越工業 ミニバックホー AX15-2 ラジエーター修理です。
エアーマンなどのコンプレッサーで有名な北越さんのミニショベルですが、
日立建機のOEMでして もしかしたらEgは、クボタ、イセキ?かも
純正品番#4339876

お預かり時
AIRMAN Backhoe AX15-2 Radiator

フィラーネックと呼ばれるラジエーターキャップが取れてまして
AIRMAN Backhoe AX15-2 Radiator
オーバーフローパイプの向きが分からなくなりそうですが
よく見ると半田の跡などで判断出来る事が多いです。

振動、オーバーヒート、冷却水不足で枯炊き、蒸気の熱などでも
半田が溶けて取れます。

いすゞでありそうな形状で
修理業者さんなら分かるはずですが
AIRMAN Backhoe AX15-2 Radiator
TOKYO RADIATOR(東京ラヂエーター製造)製
小型なラジエーターですが、昔のギガ、フォワードなどに使用される
大型の先端にパッキンの付いたビーチク形状のドレンコック
AIRMAN Backhoe AX15-2 Radiator

いつも通り分解しまして
新品のコアで組み直し
圧力掛けて漏れの無いのを確認したら、塗装して完成
AIRMAN Backhoe AX15-2 Radiator
AIRMAN Backhoe AX15-2 Radiator
AX15-2 ラジエーター
冷却水(LLC、クーラント)漏れ、オーバーヒートなどのトラブル等で
お困りの業者さま、オーナー様など
お気軽にお問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 8月 5th 2019

y1941 Chevy(シェビー)ラジエーター修理

y1941 Chevy(シェビー)ラジエーター修理です。
東京からありがとうございまいした。

20歳の時から知っているM田りゅくん、いつのまにか開業してまして
まさか、直接、仕事を頂くことになるとは。。。
会社のお名前は
L4T(エルフォーティ)、L4T Customs 銀行口座のカタカナ表記が面倒そうですね
現在、東京周辺〜富山県などアチコチで出張で修理、溶接、カスタムなどの作業を行ってるようでして
お客様の自宅、業者さんなどに出向いて溶接や面倒な作業を行ってるみたいです。

お客様の自宅などで作業するには、限界があるかとは思いますが
部品の交換など行なったり

TIG溶接機あるけど、上手に出来ない、全く使わないような業者さま
ご用命の際は、彼の携帯電話 08043230063 にどうぞ
作業は常時インスタでUPしてます。 #ryuuuuuuuchin #L4Tcustoms

そんな村田りゅうくんからの初めてのお仕事は
41 シェビー
L4Tcustoms Radiator
オイルクーラーも内蔵しない

ラジエーターキャップも加圧しないタイプ
L4Tcustoms Radiator
ただの蓋状態です。
L4Tcustoms Radiator
フィン&チューブが一体型の
HARRISON当時物のオリジナルのコアです。

さすがに現行のコルゲートコアと比べると
冷却能力は良くありませんので
見た目は、オリジナル冷却性能UP仕様に

いつも通り分解しまして
新品のコルゲートコアで組み上げまして
圧力掛からないラジエーターですが
圧力掛けて漏れの無いのを確認しまして、塗装して完成
L4Tcustoms Radiator

L4Tcustoms Radiator
新品の加圧式、7LBSのキャップを圧力が掛からないように改造しまして
取り付け、ドレンコックも止まりの悪く壊れるドレンをやめて
しっかり止まるパッキンのタイプに変更しときました。

L4T Customs 村田龍亮(むらたりゅうすけ)くん
フットワークが軽く、溶接や大変な作業が大好物なので
出張代、作業代払えば、来てくれると思います。
アメ車、修理、カスタムなどお気軽にご本人に直接お問い合わせ下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

修理 8月 2nd 2019